オンライン学習について

質問も多いオンライン学習で問題(ポイント)となるのは
1、その子のレベルに合った学習(簡単すぎても難しすぎても、無駄になります)かどうか。
2、親やこちらでの理解度管理と、追加で説明してあげるプラスアルファがとても重要。
3、経験上、成果が全くでないか、かなり効果が出るかの2極分化します。できる子は先取学習がかなり進みます。
いずれにしても、お子様ごとに、どのレベルの教材で、オンライン学習+アナログ授業連携のどの割合が最適なのか?は違いますので、
その程度を把握できる事が、一番重要とも言えます。

オンライン学習の中身ですが、学校の授業と同じ進度・量なので週に2-3コマは見て、予習・復習に役立ててもらって
塾ではわからない難しい所だけを解説(又は他科目の勉強)するのが一番の理想です。
中学生以上の場合、実際には中間期末テストや難しすぎる問題が続いたり、ITプログラミングをしたりと、柔軟に進み具合は変わってきます。

オンラインのIT授業は、理解する内容がほとんど英語なので、まだ小学生にはハードルが高いのが現状です。
通常学習のオンライン化実現が簡単な割には、日本人学生向けにはオンラインIT学習は大変です。
英語翻訳・解説を兼ねて、通常授業を併用しながら、進めていくのが現実的です。

5/12日から、オンラインシステム群が一部本格稼働致しました。

1、グループウェア
:日々のスケジュール管理(課題・勉強日記・オンライン授業管理等)、Todo管理、メッセージ管理、ブックマーク等の窓口サイト

2、オンラインビデオ学習システム(非IT系)
:小学生は任意、中学生以上は必須。学年・レベル毎に複数教材を増強中。できる子は早送りを推奨。学習記録管理で見える化。

3、オンライン授業系複数システム
:生徒毎(ハード・メールアドレスの有無等)に環境が違うため、PC貸出を含めた複数の環境を用意しています。
:話題のzoomやskype他メジャーなものを使用したり、PCのリモート操作などのバックアップサポートまで行います。
:ただし、何でもかんでもこれが一番ではなく、通常学習は2のビデオ学習の方が効果が上がると考えております。

4、オンラインwiki・問題集作成類の複数システムと、学習ツール群
:、文章・タイピングの練習、問題集配布・出題管理、暗記用テキスト作成

あくまでオンライン学習ツールはツールであって、「オンライン学習=自習できる」と考えるのが一番危険です。
特に中学生までは、ほどほどの管理や、追加解説をしてあげる親や先生が、アナログ的にサポートしてあげて初めて効果が出てきます。
その点を踏まえて、大いに活用してほしいものです。