ロボットやスクラッチから、どうやってITスキルを伸ばしていけばよいでしょうか?

小学生で、最近質問される事が多くなった質問です。
・小5年生から他ロボット教室に通っていますが、簡単すぎて不安です。実力はつきますでしょうか?
・本人は楽しく通っていますが、ロボットの上級コースがない教室です。どうしましょうか?
・友達が中学受験のため学習塾に通い始めて、中学受験させないわが子にはロボットやIT学習は勉強の代わりになるでしょうか?
・某スクールで夏期だけスクラッチ講座に出ましたが、その続きはどうやって実力を伸ばせばよいでしょうか?
・独学でスクラッチはかなりやれますが、その後試しにPYTHONをやってみて全然できませんでした。どうしましょうか?
こういう質問を、最近具体的に受けるようになりました。昔はロボット教室って何をしますか?だけでしたが、時代が変わり、より具体的中身を見てもらえるようになりました。

結論はロボットやスクラッチは早めに小学校低学年から始めるにはベストです。が、高学年からだと遅いし、もったいないです。
皆さんに説明していますが、ロボットやスクラッチは算数の九九と同じで、できて当たり前で、早めにいつ完了して次に行くための重要ですが、それだけの土台です。極論すると、ロボットやスクラッチ自体で高度なスキルは身に付きません。
ここを間違えてしまうと、単なる楽しい習い事で、中学生以上には繋がりません。実際そういうお子さんは多いのが現状です。

一番大きい理由は、「文字を打てない、タイピングできない。英単語を覚えない。ITや英語文法を覚えない」からです。
ある意味、普通の学校の勉強要素を避けて、お遊びだけで楽しんでしまうからです。ここが大変難しいところです。。

が、小学生は中高校生よりは時間に余裕があり、やる気とやり方さえ間違えなければ、すぐに追いつき追い越せます。
少しでもお子さんがやる気になっているなら、是非挑戦させてあげてほしいと思います。

小学1-3年生でロボット(スクラッチ)を始める。直観的で楽しむだけで十分です。習得期間は2-3年で、次の段階に進めます。
ここで問題なのが、学校の進度が古くて遅いため、英語算数がどうしても先取学習になってしまうことです。
従い、学校の勉強についていけない生徒は必然的にプログラミングも答えを移すだけになります。

AGスクールでは、楽しいロボット・ITと、皆嫌がる?学校の勉強も混ぜて、うまくやる気にさせています。これが一番大変です。
そして小学4-6年生はロボット講座の上級に進む(中学生レベル)か、ITの基礎コースに進みます。
高学年で、一気に勉強要素が強くなり、さらに中学英数知識が必要になるので、本当にできない子はここでリタイヤするか、学校の勉強の授業コマを増やしても頑張れるかという節目になります。
実際は、延長時間のマイクラタイムやマイクラプログラミング自体を織り交ぜていくので、皆楽しいので、何とか食らいついてくれる子が多いです。
AGスクールの生徒はタイピングも学校ではほぼダントツでできるようになります。

IT基礎講座ではWeb(HTML5・Javascript)関連と基本アルゴリズム学習は必須科目となり、ここが中学高校での本格ITプログラミングの第一歩となります。小学生のうちに少しでもこの分野の経験があると、中学生になっても継続して実力を伸ばしていけます。そしてこの点が非常に重要となります。
詳しくは「IT学習で推薦入学をするにはどうすればいいですか?」記事をご覧ください。