ITやロボットや学習塾で本当に知って欲しい最終目標は?

にわかロボットやIT教室乱立ぎみ、学習塾のすみ分け勘違いで、とても感じる事
AGスクールが単発のロボットやITスクールや、地元の学習塾っぽくない教室だからこそ、
ITプログラミングや勉強で通う塾を検討頂いているお父さんお母さんに、切実にわかって頂きたい事実があります。
単なる営業アピールや自慢だと思われかねないので、あまり言いたくはないのですが、
体験授業に来られた、又は入塾されたご父兄の方とお話して、まだまだ認知されていないと悲しくなるお話を敢えて致します。

フランチャイズのロボット教室はあくまでITの導入部分です。
お子さんに興味があれば、どこの教室でもいいから、まずは受けさせてあげて下さい。
ただ、ロボットはITプログラミングの基礎過ぎる部分で、別に本格的にプログラミングを学ぶレベルでもなく、
学校のIT教育導入でもできるレベルのものである事をまず認識頂きたいです。

簡単に言うと、それで単純に、頭がよくなるとかITに役立つとかそれほどすごいものではありません。
そこをきっかけに、本格的にお勉強をしてもらうためのものです。
昔はそういうものもなかったからこそ、価値がありますが、それでイコールお勉強ができるとは別です。
ITに結び付けていってほしいからこそ、ロボットだけscratchだけやっていて満足せず、まともなITプログラミング勉強を相応の実力があるスクールで学び続けていって欲しいです。

失敗すると、単なるお遊び習い事です。。
本物のIT学習は、学校のお勉強より確実にハードです。。学校の勉強ができないのにITプログラミングができるという可能性はほぼないです。。
なので、まずはITプログラミングや実際のアプリができる先生がいる教室かどうかが一番わかりやすい基準です。

小56年算数や中学数学ができるタイミングで、初めて本格的なITプログラミング開始となるので、
AGスクールでは各生徒の実力に合わせて、学校の勉強とIT分野のバランスを取りながら、先取り教育をしています。
その現実を知ったうえで、お子さんの才能や能力開発を真剣にやってくれる塾を探すことができれば申し分ないです。

小学生なら公文や英語や受験塾、中学生なら学習塾と学校の部活との兼ね合いで、ITを学ぶことが多いです。
もともとITスクールの認知度が低く、ITを単なるプログラミングだけの習い事で、「お勉強は別」という感覚があるので、当分はやむをえない現状だと思っています。

しかしITの理想から言わせていただくと、
小学校高学年で中学数学英語をマスターするレベルが一番実力が伸びます。
中学生では高校レベルの勉強と、大学や大人でITを始めた人のレベルを超える事が目標です。
そのレベルで初めて、高校や大学留学時に、第一線で働ける将来が有望なIT人材として世界で戦って貰うのがベストです。
また最近ではお勉強以外の分野として、センスやプロのyoutuberや、反射神経重視のプロゲーマー職養成基礎講座にも力をいれております。

幸いな事に、IT分野はますますすそ野が広がり、現職のIT人材も常に勉強し続けないとキャッチアップできないほど、いくらでも学ぶ内容が増えています。一方で高学歴の象徴である士業の先生がAI化で職がなくなる可能性が出てくる時代です。
今の小中学生の子供たちの未来は予想できないほど進化する時代でもあり、今までのお勉強や学歴だけでは通用しない時代です。
その過渡期である今、子供たちに、ITとお勉強両方教えることに怖さとやりがいをもって取り組んでおります。

いずれにしても、(興味がある前提で)平均より上を目指すものであり、遊びや教養の習い事ではない実力主義の世界です。
AGスクールでは「小中学校のお勉強はできて当たり前」という感覚があり、極論すればITスキルを上げるために勉強も先取する立場をとっております。
普通の学習塾以上に、通常科目のお勉強に力を入れたカリキュラムを作っております。
効率よい学習をするためにも、AGスクールで、学校のお勉強もいっしょに任せて頂ければ幸いです。

塾や教室はやはり良い先生がいるかどうかが全てだと思いますが、それと同じ位に、
これからのITスキルの重要性は当然として、「学ぶ時期や残り期間」を大事にして頂きたいと思います。