先取学習塾

学校の勉強(補習・先取)

・ユニークな学習塾として、小3以上中学高校レベル全部教えます。
補習・勉強苦手組:とにかく勉強は嫌いだけど、ロボットやゲームは得意というパターン 全く勉強をしないのに、元素記号や周期表が大好きという生徒もおります。 ゲームを含めて本人の興味のある分野から学ぶ方法はやはり王道です。
・ノート作りが皆不得意です。今どきは文字をまず書きません。書かない生徒は中学に入ると確実に成績は落ちます。どんなメモでもよいから、メモるくせ、メモって役立つ経験をつけさせています。
・本格的なIT学習には英語数学ができないと話になりません。学校の勉強ができなくてもITができるのは、小学生のスクラッチまでです。
どんな生徒でも好きな分野・得意分野があります。その中で、次のスタートダッシュと競争に備えます。

中学受験組:今や小4位から大手塾に週2-3回通う生徒が増えてきました。


-2年や3年も受験勉強だけでは長続きしません。。長期戦略を持ってどうレベルアップするのか?
ゴムが伸び切ってしまって、長期スランプや伸び悩む生徒が増えている印象が最近あります。
特に都立中高一貫型の適性検査などは、趣旨から言っても1年以上対策勉強をするのはあまりお勧めしません。
できる子ほど、そろばん・英語・ITなどのスキルを実利や、勉強の効率を上げるためにも重要だと思うようになりました。
早くから受験塾通いをしたにもかかわらず、その巧拙で、小6で伸びる子と下がる子が出てくるようです。
AGスクールでは、お勉強と関連する形で、新聞要約・そろばん・英検・中学英数科目・タイピング学習・ゲームプログラミングを組み合わせて、常に興味をもって楽しめるように工夫しています。

-集中力・知識欲が一番大事です!
ある種、ゲーム感覚で楽しむ位でないと、大人でも長続きしません。
塾テキストも予習系・復習繰り返し系がありますが、自分に合う方を見つけ、丸暗記ではなく中学レベルであろうと興味があれば中身を掘り下げて学習できるようにサポートしています。

-大量の他塾のテキストや問題の解き直し、別解も1つずつ確認していきます。
小5・6年生になると、多くの生徒はテキスト・模試の問題が大量にありすぎて、正確に復習や見直しをせず、丸暗記で乗り切ろうとする生徒もいます。
そうなると勉強も辛くなり、同じ間違いを繰り返す事もふえてしまいます。できる限り良問を厳選してでも、1つずついっしょに確認していく作業をしています。